メリットとデメリット | わが子の自主性を伸ばすために始められること

子供の自主性について知りたいならこのサイトがおすすめ

早期教育をするメリットとデメリットは?

メリット

脳の成長は3歳までに決まるという言葉を聞いたことはあると思います。
「三つ子の魂百まで」これは幼い頃に定まった子供の性格は年を取っても変わらないという意味で、幼少期の環境が大切という意味にもとれます。
早期教育はそれだけ子供の脳や知能を育てると言われており、3歳までは右脳が優位だとも言われているので、早期教育で右脳教育を意識することで、空間認識、直感、芸術、瞬間暗記力が鍛えられる可能性があるのです。
成長するにつれて鍛えにくくなる右脳を、早期教育で刺激することで、子供の知能や発達においてプラスに働くかもしれません。
ちなみに、言語や計算や分析を司る左脳は3歳以降に優位になると言われています。
早期教育を行う際は、メリットとデメリットをしっかりと知った上で行いましょう。

デメリット

明確な証拠があるわけではないのですが、早期教育で一方通行のインプットを続けていると、子供が成長するにつれて弊害やトラブルが起こりやすくなるという説があります。
早期教育で一方通行なインプットを続けた子供の中で、切れやすかったり独り言が多かったり、食欲が減退したり激しく暴れるなど、自分をコントロールできない子供が増えたという報告例もあがっているのです。
さらに早期教育は、脳が未発達な段階で一方通行なインプットを続けると、後々に学んでいく部分まで到達してしまい、脳の発達に影響するのではないかという懸念の声も上がっています。
またパターン化された早期教育により受け身になってしまい、自主性や創造性が抑制されてしまう、親の反応を伺うようになり自己肯定感が育たないのではないかという見解もあります。


この記事をシェアする