良い方法・悪い方法 | わが子の自主性を伸ばすために始められること

子供の自主性について知りたいならこのサイトがおすすめ

アメリカ教育の始まり

良い方法

子供の自主性を育てる方法として第一に挙げられるのは、親が常に応援し子供が持つやる気を尊重してあげることです。
子供が話す言葉を丁寧に聞いて、意見を聞き、できる限り子供自身に計画を立てさせて実行させ、知識や刺激を与えて「誰かに伝えたい」と思わせ、できる限りのことは自分でさせてあげます。
子供それぞれが持つ個性を尊重してあげましょう。
もちろん危険なこと、誰かに迷惑をかけるであろうことは親が注意してその都度説明し、子供が安全に行動できる範囲で見守ってあげてください。
親がそういった姿勢でいると、自然と子供の自主性は育まれていくのです。
自主性の教育について悩んでいる親御さんは、是非参考にしてみてくださいね。

悪い方法

逆に親が干渉しすぎたり放任しすぎたり、日々変化する子供の好奇心に対応できず、親が一つの事にこだわってしまうのも、子供の自主性の芽を積んでしまいかねません。
子供の意見を尊重し自分でできることをさせる事と放任を同じと考えるのは良くないと思います。
度が過ぎた放任になってしまうと、子供は身勝手な言動を身につけてしまいます。
また子供を心配するあまり干渉しすぎる、親がなんでも先にやってしまうのも、子供の自主性を妨げてしまいかねません。
危険な事や迷惑をかける事を教えるのも親の役目ですが、先に注意すべき事と見守るべき事を見極めなければなりません。
放任しすぎる、もしくは過干渉すぎると子供は意見を言えず計画も立てられず、興味のあることに手を出せず、怒られないように言われたことだけをすればいいと考えるようになってしまいますので注意が必要です。


この記事をシェアする