わが子の自主性を伸ばすために始められること

子供の自主性について知りたいならこのサイトがおすすめ

アメリカ教育の始まり

自主性を育てる良い方法や悪い方法って詳しく分かりますか?どうしたら良いか分からないと悩んでいる親御さんが多いと思います。 自主性を育てる良い方法や悪い方法をお話ししたいと思いますので読んでみてください。 お子さんの自主性を育てたいと考えている親御さんは参考になるかと思いますので確認しておきましょう。

続きを読む

自主性を育てる良い方法や悪い方法を知りたい

何よりも民主主義を大切にする自由の国といえばアメリカですよね。
民主主義を重要視する国民性を目指しているのが、アメリカの基本的な教育方針です。
民主主義は国民次第であり、国民への教育を最優先にしています。
大人だけでなく子供への教育として、民主主義の元に意思表示をはっきりすることや為政者に騙されてはいけないという目標が掲げられてきました。
様々な感情的な意見に流されることなく、自分勝手な見解で人の意見を曲げてはいけないというのも、アメリカ教育の基本的な考えの1つです。
相手の言葉を鵜呑みにせず、相手の話や文書から真意を汲み取る・読み取るスキルが必要だと考えられ、そのスキルを養うための教育が盛り込まれています。
同時に、自分の意思表示をはっきりすべく、意思や考えを正しく正確に伝えられるような話し方や書き方も重要だと考えられています。
そのため、学校教育で読み取る・聞き取る・話す・書くという基本的な部分を徹底的にトレーニングする仕組みとなっているのです。
もちろん年齢や学年、その子に合わせた指導内容となりますが、アメリカの学校では話し合いや議論の場も多く、人前で発表する機会も多く設けられています。
そして15歳前後まで、徹底したスキルトレーニングが行われ続けるのです。
日本における教育内容とは異なる部分も多く、日本人とアメリカ人の表現力・読み書きスキル・トークスキルの差が大きいことにも影響しているといえると思います。

おすすめリンク

早期教育をするメリットとデメリットは?

早期教育をするメリットとデメリットはって何だろうと考えた事ありますか?いざ聞かれると説明できないなって方も多いと思いますので、早期教育のメリットとデメリットについてお話ししたいと思います。 メリットとデメリットを知った上で、どのような早期教育を行うのか決定すると良いと思います。

続きを読む

自主性・主体性の保育が難しい理由を教えて

保育に子供を預けたのは良いけど、自主性・主体性の保育が何故難しいのかなと不思議に思いますよね。 お子さんの成長に大きく影響を与える時期なので、気になる親御さんも多いと思います。 そんな方向けに自主性・主体性の保育が難しい理由や管理的な保育になってしまう理由をお話ししたいと思います。

続きを読む